人気の新幹線を知ろう

東北・北海道新幹線

東北新幹線や北海道新幹線で利用されているのが、E5系です。「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」といった車両の名前が付けられています。最高時速は、東北新幹線で320キロ、北海道新幹線で260キロのスピードが出ます。

北海道新幹線の開業に合わせて2016年にデビューしたのがH5系です。見た目や内装がE5系との違いがありますが、性能は同じなので、スピードがアップするというようなことはありません。

東北新幹線の「はやて」と「やまびこ」、上越新幹線の「とき」と「たにがわ」で使われてい車両がE2系になります。1997年にデビューし、外観の特徴としてピンク色のストライプが入っている特徴があります。この車両の最高速度は、東北新幹線で275キロ、上越新幹線で240キロのスピードが出ます。

このE2系は10両編成と8両編成に分けられます。北陸新幹線で使われているE2系は、北陸新幹線専用として最高260キロを出して走っていました。しかし、2017年に8両編成のE2系は北陸新幹線から引退をしています。現在では、10両編成のみが走っています。E5系とE2系は外観の特徴が全く異なるので、新幹線のことに詳しい人でなくても一目で違いが分ります。